【カラミざかり3巻後編】最後結末ネタバレまとめ

カラミざかり3巻後編(完結版)のネタバレ・感想をまとめています

目次

【あらすじ】カラミざかり3巻 後編 完結

カラミざかり3巻(前編)あらすじ
肝試しで出会った大学生 藤野和紀から呼ばれた智乃と里帆は和紀の部屋で再び3P。淡い恋心をもった智乃は里帆に対する和紀の接し方に内心モヤモヤする感情も感じていた。智乃がそんな感情を持っている中 里帆は和紀からの呼び出しに向かうと これからは2人だけで会おうと言われ 和紀とセックスする。和紀は里帆のお尻の穴をみながら二ヤついていた…(前編ネタバレはコチラ

里帆は 智乃から和紀のこと気になってるようなことを聞いていたが、和紀からの呼び出しに

【ネタバレ】カラミざかり3巻 後編

カラミざかり3巻は「前編」と「後編」に分かれてネタバレしていきます

カラミざかり3巻(後編)カンタンネタバレ
  • 里帆 未体験の穴
  • 貴志と竹内先輩
  • 智乃と里帆の女の友情
  • 高成の性癖
  • 高成 告白

里帆 未体験の穴

智乃には連絡せず、和紀との関係を持っていた里帆

和紀からお尻の穴に指を入れ 少しずつ開発されていった

お尻の穴でイクようになっていた

和紀の友人で里帆のクラスメイト 野村アンナの彼氏俊也が急に和紀の家に来た

里帆は シーツで裸を隠していたが、俊也は 里帆のマン〇を弄りはじめる

里帆ちゃんイッたばがりで敏感なんだよ

和紀がキッチンで飲み物をいれている間に 俊也は里帆とセックスを始めてしまう・・

俺の方が和紀より大きいから気持ちいいって!

それを聞いた和紀は 里帆に 傷ついちゃうな・・と言いながら 指でならしたお尻の穴に・・・

貴志と竹内先輩

夏休みが終わり 学校が始まった

久しぶりに会った貴志は 真っ黒に日焼けしていた

高成は 久しぶりに見た里帆に 視線をそらすことができないままいると貴志から急に「おれの彼女」と野球部のマネージャーと付き合ってることをカミングアウトされる

気持ちは伝えなきゃいけねえんだよ

貴志からの言葉を聞きながらも 里帆のことが気になってしかたなかった…

多分 セフレと会ってる

智乃は  夏休み中 里帆が自分には言わずに 和紀と2人で会っていることを偶然見かけていた

里帆から何も言われなかったことや、和紀への気持ちで 気持ちがモヤモヤしていて、夏休み明けの教室で里帆と会っても 無視してしまう

学校が終ったときには  このままではダメだと思いなおし 智乃から里帆へ声をかけ一緒に下校することにした

だが智乃のこの思いを知らず、里帆は 和紀からの呼び出しで先に帰ってしまう・・・

智乃と里帆が学校の廊下で一緒に帰っている姿を見ていた高成は 智乃が1人で下校している姿を見て声を掛けると、智乃から

多分 セフレと会ってる

里帆の方がお気に入りだったから、2人でやりまくってんじゃない?

智乃は内心ズタズタな気分で、高成に 夏休み出会った大学生とのことを全部話してしまう

それでも高成は里帆をかばうような発言をしたことで 高成と一緒に和紀の家に向かう

高成の性癖

和紀の家のベランダ前に立ち尽くす智乃と高成

智乃の予想は当たっていて、外にも聞こえてくる里帆の喘ぎ声・・・

高成と智乃は ただ立ち尽くして聞いていた

智乃は高成に 高成が里帆のこと好きなことを知ってて、巻き込こんでごめんと謝るが 高成はギンギンに勃起していた

その姿を見た智乃は わたしらもシよっかと誘ってネットカフェの個室に入ってフェラをしてあげる

でも高成のチン〇は勃つことは無かった

元気になんないね  帰ろうか・・

智乃が帰ろうとすると、高成は 和紀はどんな男か質問し始める

かっこよくて
背が高くて
イイ感じに筋肉がついてて

智乃が答えていくたび  高成のチン〇はどんどん大きくなっていき・・・

高成が告白

高成は 里帆にLINEをした。

会って話がしたい

夜の公園で 里帆に告白

「君が犯された話が聞きたい」

貴志の言うように 気持ちは伝えなきゃいけない

高成は 智乃から 和紀が里帆とどんなセックスをしているか聞きながら 里帆を想像し、智乃とセックスをしたときの興奮

これまで何度か 里帆がセックスをしてる姿を妄想してオナってきたときの高揚感

里帆に 自分の気持ちを告白した

里帆もまた  誰かに特別な秘事を吐き出す場所を持てたことで満たされていき

二人は社会人になってからも会う関係になっていた

【感想】カラミざかり3巻後編

感想

カラミざかり完結してしまいました。読み切って嬉しいような、寂しいような複雑な気持ちというのが正直な感想。

漫画としては、主人公の高成・ヒロイン 里帆

それぞれ 性に興味があっても、貴志のように おおっぴらに話すタイプではなかった者同士

どんどん自分が一番興奮する「性癖」を知りはじめ、初めて自分の思いを打ち明けることが出来た高成

自分の性癖って わかっていてもパートナーや相手に言えない人の方が多い中、お互い自分の「性癖」を語り合える関係になった高成と里帆

カラミざかり全巻通して読んできて、すっかり登場人物たちに愛着が沸いてしまった人も多いのではないでしょうか?坊主頭の貴志にイラついたり、結局最後は自分の好みの相手を彼女にしていたりww

何だか報われない智乃のことを心配してみたり・・・

桂あいり先生の メッセージ性のある漫画は 他にも「女神と一年暮らしてみた」もぜひご覧になって頂きたいです♡

カラミざかり実写版の感想はコチラ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる